定番の果物にもレアな品種がある!
ミカン&オレンジなどカンキツ特集です。

カンキツ(柑橘)特集- citrus -

ミカンの写真

柑橘の仲間は約28属世界で1万種以上あるとされます。
日本でも各地で栽培され品種改良がなされています。
日本のミカン生産量は約106万トンで、オレンジの
輸入量が約8.5万トンで、ともに減少傾向のようです。

オレンジ類

バレンシアネーブル/ブラッド/カラカラ/ニューサマーなど

グレープフルーツ類

マーシュ/ルビー/スタールビー/リオレッド/ スウィーティー/オロブランコ/メロゴールド/フレームなど

香酸柑橘類

ゆず/すだち/かぼす/ライム仏手柑シークァーサー/だいだい/ キンカンレモンなど

雑柑類

ナツミカン/ハッサク/ヒュウガナツ/ スイートスプリング/ジャバラ/スウィーティー/メイポメロ/デコポンなど

ミカン類

マンダリンオレンジ/温州ミカン/ポンカン/タチバナ/紀州ミカンなど

ブンタン類

ブンタン鬼柚子晩白柚など

タンゴール類

イヨカン/清見麗紅はるみ/タンカンなど
※みかん類とオレンジ類の雑種。

タンゼロ類

セミノールなど
※みかん類と[ブンタン類又はグレープフルーツ類]の雑種。

その他

カラタチ(カラタチ類)/キンカン(キンカン類)など

バレンシアオレンジの画像

バレンジアオレンジ

オレンジは柑橘の中では世界一の生産量を誇る果物です。産地はカリフォルニア(アメリカ)が有名です。 生食の他にジュースにされます。日本では栽培が難しく袋掛けをしないと黄色くなった実が再び青くなる[回青(かいせい)]という 現象が起こるそうです。


ネーブルオレンジの画像

ネーブルオレンジ

ネーブルとはヘソの意味です。実の底にヘソのようなくぼみがあるのが特徴です。 タネが少なく酸味と甘味のバランスが良く非常に美味しいオレンジです。ただし果汁は 長時間経つと苦みが出て来るので注意が必要です。


マーシュ(グレープフルーツ)の画像

マーシュ(グレープフルーツ)

マーシュはグレープフルーツの一般的な品種です。酸味が強いのとほのかな苦みが特徴。 フロリダなど気温の高い地域での栽培に適します。 またグレープフルーツの語源はブドウの房のように実が成るところから来ているようです。


スダチの画像

酢橘(スダチ)

ユズの近縁種。香りが豊かなので料理のアクセントで使われる事が多い。 産地としては徳島県が有名です。熟するとミカンと同じく黄色くなるが青い内に 収穫する。香酸柑橘類は1本あると重宝します。栽培する時は鋭いトゲに注意です。


ライムの画像

ライム

高い香りや酸味が特徴です。主にタヒチライムとメキシカンライムの2種類です。 日本で見るのはメキシコ産がほとんどです。柑橘系の中では寒さに弱いので、 国内で栽培する時は耐寒性の高い品種を選ぶと良いでしょう。瀬戸内海沿岸で商業栽培されています。


仏手柑の画像

仏手柑

シトロンの変種です。手のように先が割れているのが特徴です。 名前も仏の手に似ていることに由来します。主に観賞用ですが、 砂糖漬けや乾燥させて漢方薬にしたりするそうです。


シークァーサーの画像

シークァーサー

沖縄特産の柑橘で野生のものもある。和名をヒラミレモンと言います。 名前は沖縄の方言で[酸(シー)食べさせる(クヮーサー)]を意味するそうです。 多く含まれるノビレチンはがん抑制効果が期待されています。緑色のイメージが強いが完熟のものはオレンジ色をしている。


キンカンの画像

金柑(キンカン)

小さな果実が特徴。果皮ごと食べられます。果皮にはヘスペリジンという成分が多く含まれていて、 発ガン抑制効果や抗アレルギー効果が期待されています。特に[ぷちまる]という品種はタネがないという事で 注目されています。ただし他の柑橘が近くにあるとタネが入る事があるそうです。


レモンの画像

檸檬(レモン)

大航海時代にビタミンCを補うのに活躍したらしくビタミンCの基準とされる事が多い。 酸味が特徴でクエン酸の語源ともなる。輸入品にはポストハーベス農薬の懸念があり、 自分で栽培すれば安心して食べられるでしょう。特に完熟したレモンは生でも食べられるとか。


ハッサクの画像

八朔(ハッサク)

日本で古くから親しまれている柑橘で広島県の寺に自生したのが最初とされます。 名前の由来は陰暦の8月1日(朔日)頃に食べられることから来るそうです。 独特の苦みが特徴。晩生種で普通八朔や紅八朔などの種類があります。


スイートスプリングの画像

スイートスプリング

温州ミカン×八朔(はっさく)の交配種です。苦みや酸味がなくアッサリとした味のようです。 果皮は固めなので包丁で切って食べるようです。


メイポメロの画像

メイポメロ

ハッサク×平戸文旦の交配品種で[ぶんたん農林1号]とも言います。 果肉は締まっていてアッサリとした食感と爽やかな風味とほのかな苦みが特徴です。 ハッサク系は甘い柑橘が苦手な人に好まれていますね。


ポンカンの画像

ポンカン(椪柑)

インド発祥の柑橘でタンカンかデコポンの親にあたります。多汁で美味しい柑橘なのですが種が多いのが玉にキズです。 外皮は剥きやすく内皮は柔らかいので袋ごと食べられます。酸味が強い時は日を置いて抜けるのを待ちましょう。


ブンタン(ザボン)の画像

文旦(ブンタン)

ザボンとも言う。ブンタンは大きく果皮が厚い。採取後は酸味が強いので貯蔵して酸味が和らいでから出荷される。 ブンタンから様々な柑橘が生まれています。ナツミカンや八朔・グレープフルーツなど。


鬼柚子の画像

鬼柚子(獅子柚子)

大きく歪な形が特徴です。食用というよりは主に観賞用として栽培されるようです。 また果皮はマーマレードなどに利用されるそうです。 ちなみに鬼柚子は柚子という名前が付いていますが柚子の仲間ではなくブンタンの仲間です。


晩白柚の画像

晩白柚(ばんぺいゆ)

ザボンの一種で実の巨大さ(約2kgにもなります)が最大の特徴です。 晩白柚の名前は[晩]生&果肉が[白]い柚(柑橘を意味する)に由来します。 また保存性が高く香りが良いという特徴がある。


清見の画像

清見

温州みかん(宮川早生)と外国産のトロビタオレンジの交配種です。 ミカンとオレンジのハーフとして有名になっている品種です。 名前は研究所の近くの清見潟(静岡県)に由来します。


麗紅の画像

麗紅

(清見×アンコール)×マーコットの交配品種です。食味や香りが良いとされる。 果実が扁平で果皮が鮮やかなオレンジ色をしています。ちなみにイチゴにも同じ名前(麗紅)の品種があります(^_^;)


はるみの画像

はるみ

ポンカン×清見タンゴールの交配品種です。独特の香りがありプチプチと食感が良い。 また果皮が柔らかく剥きやすいのも特徴の1つ。早生デコとも呼ばれます。

【column】

 我が家では現在10種類ほどの柑橘を育てています。祖母が残してくれたものです。 カミキリムシの被害にあって温州みかん6本にレモン・柚子は枯れました(-_-;) でも、キンカン・伊予柑・はっさく・夏ミカンなどは健在です。


 更にシークァーサーや清見オレンジなど新しい品種にも挑戦しつつ温州ミカンも何種類か植えた所です。 まだ小さい木で実がなるまで3年ほどかかりそうですが画像もボチボチとアップしていきたいと思います。

カンキツ(柑橘)栽培リンク

柑橘スローライフ …柑橘系果樹を31種類ベランダで栽培していますね。

ウンシュウミカン(wikipedia) …辞典らしい詳しい説明が載っていますね。

柑橘だんだん …大長みかんの産地。だんだん畑が絵になりますね。

ヤフオク&楽天市場リンク

カンキツのヤフオク出品状況! …【出品量:◎】※カテゴリー最適化。

楽天市場でカンキツ苗を見る …【出品量:◎】豊富で迷います。
楽天市場でカンキツ(果実)を見る…食べたい方はどうぞ。

※その他の果樹はこちら→[ヤフオクリスト]・[楽天市場リスト]