強い匂いは王者の風格!?
果物の王様ドリアン!

ドリアン - durian -

ドリアンの写真

学名:Durio zibethinus
パンヤ科ドリアン属の常緑高木
開花は5月〜7月頃、結実は国内未確認
強烈な匂いに反して甘くファンも多い。

原産地など

 ドリアンの原産地はマレーシア・ボルネオ(インドネシア)だと言われています。 生産が盛んな国は東南アジア(タイ・マレーシア・インドネシア・フィリピンなど)。 日本では栽培はされるが結実したという報告はないようです。

色や形など

 ドリアンの果実は大きさが20cm〜28cmほどで重さは大きいもので5キロにもなる。果皮は茶色く多数のトゲがある。 ドリアンの花はツボミの間は薄緑色で開花までだんだんと白くなる。果樹は高さが10m〜20m程ですが40mを超える巨木になる事もあるそうです。

味や効能など

 ドリアンは[食べごろ]を判断するのが難しい。常温保存してお尻が割れて強い匂いがして来たら食べて下さい。 熟しすぎるとすごく臭いので腐ったかと勘違いします(笑) ドリアンは強い匂いから食べるのを敬遠する人も多いが食べてみるとネットリと甘い。 ちなみにドリアンの匂いの主成分は硫黄化合物でタマネギが腐った様な感じです。 また食べる時にはお酒と一緒に食べると危険との話や催淫作用があると信じられている地域があります。 ドリアンはミネラル(特にカリウム)やビタミンB1が豊富です。

栽培方法など

 ドリアンは発芽率が良い果物のようで、植えるつもりでタネを保存していたら発芽していたという事もあるようです。 またドリアンの実生は面白い。発芽した後に種を持ち上げるがそこから双葉が出るのではなく種が外れる。 根元は太く先は細いという様はまるでちぎれたかのようだ。それが普通なので心配しないで下さい。 栽培に関しては結実には相当な困難が予想されるので、実を期待せずに気楽に取り組むといいと思います。

品種など

主なのは以下の4種類。チャネー(チャニー)・モントーン(モントン)・ガンヤオ・クラドゥムトーン

ドリアンのイメージ画像

[画像協力:ター坊さん&はむさん&あきのりさん]

【column】

 ドリアンは職場の同僚が離職する事になって、その時のリクエストで買ってきました。 買って来たはいいが食べ方や食べ時が分からずに数日様子を見ていると、すごく臭くなって来ました(^_^;) 『本当に腐っているのでは??』っておびえながら味見したのを覚えています。そんなに美味しくはなかったです。


 それから何年かしてタイで再びドリアンと再会しました。食べてみると僕の口には合わないものの、 クリーミィーで好きな人がいるのは理解できるようにはなりました。たぶん匂いに関しても好きな人には そんなに気にならないのだと思います。僕も納豆の匂いは気になりません。あらためて匂うとメチャ臭いですけど(^_^;)

ドリアン育成チャート

ドリアン栽培リンク

果物の王様ドリアン …長年ドリアン栽培してついに結実!??。

ドリアン栽培に挑戦 …試食から発芽までが紹介されていますね。

Melaka Guide …海外からドリアン事情の報告ですね。

ヤフオク&楽天市場リンク

ドリアンのヤフオク出品状況! …【出品量:△】タネを出品する人も…。

楽天市場でドリアンを見る …【出品量:×】あまりありません。

※その他の果樹はこちら→[ヤフオクリスト]・[楽天市場リスト]