お菓子や料理に使うも良し!
生のジュースを飲むも良し!

ココヤシ - coconut -

ココヤシの写真

学名:Cocos nucifera L
ヤシ科ココヤシ属の高木
開花も結実も通年(沖縄など熱帯地方)
雌雄同株で開花時期がズレています。

原産地など

 ココヤシの原産地はインド洋アンダマン諸島やポリネシア周辺と推定されています。熱帯各地に自生しています。 国内では沖縄などでは街路樹として利用され、家庭では一般的に観葉植物という位置づけです。

色や形など

 ココヤシの果実は大きさが10cm〜35cmほど、果皮は茶色で果肉は乳白色をしています。 ココヤシの花は黄色です。果樹は単幹で高さが20m〜30mにもなります。

味や効能など

 ココヤシの果実はいわゆるココナッツです。核の中には約1リットルのジュース(液体胚乳)が入っています。 内果皮に接する白い脂肪層は成熟した実の場合はスポンジ状(若い実の場合はジェル状)でとても甘く美味しいです。 その脂肪層を更に搾ったものがココナツミルクです。 またこの脂肪層は石鹸などにも加工されます。

品種など

ココヤシはヤシの1品種です。ヤシとしては世界に250属3400種ほどあるそうです。 代表的なものはココヤシの他、ナツメヤシ、サラカヤシ、アブラヤシなど。

栽培方法など

 ココヤシは熱帯の植物らしく高温多湿を好みます。寒さには弱いので温室で管理する必要がありそうです。 また高木なので大型の温室がない限り国内での結実は難しいかもしれません。 日当りの良い場所を好みますが耐陰性もあるのであまり気にする必要はないでしょう。 空中湿度を好みますので通常の水やりとは別に霧吹きで水を葉に吹きかけてあげると良いでしょう。 水のやりすぎて根腐れしないように気をつけて下さい。比較的乾燥には強いという話もあります。 根があまり張らない植物です。 良く生育する植物ですが雌雄同株で開花の時期が雄花と雌花でズレている為、結実は難しいでしょう。
熱帯地方ではハムシが原因で枯れる事もあるようですが日本で育てる場合は心配はないようです。 またまれにカイガラムシが発生します。 実生する場合は発芽まで4〜5ヶ月必要なようです。

ココナッツのイメージ画像

[種子&断面画像募集中!]

【column】

 ココヤシの花言葉は[思いがけない贈り物]らしいです。 またヤシの花言葉は[勝利]・・・いったい誰が作ったのでしょうかね?? 名前の由来は[ココ]とはポルトガル語で[猿]という意味で実が猿の顔によく似ている所から来そうです。 ちなみにこの目と口に見える3つの穴は発芽孔です。


 ヤシの実は海水に浮かび遠くに運ばれ発芽するという性質があります。 数ヶ月も生命力を保ったまま漂流し違う土地で発芽して根を下ろすのはちょっとしたロマンを感じますね。 仮に順調に育っても1本では受粉できずに実を結べません。考えてみると深いです。

ココヤシ育成チャート

ココヤシ栽培リンク

ココヤシについて(その1) …割り方や成分や寿命など詳しく載ってますね。

coconut palm …ココナッツについて詳しくまとめられていますね。

ココナッツ椰子に捨てる部位なし …タイに移住した方のコラムですね。

ヤフオク&楽天市場リンク

ココヤシのヤフオク出品状況! …【出品量:△】園芸店がいいかも??

楽天市場でココヤシを見る …【出品量:△】売り切れ多数・・・。

※その他の果樹はこちら→[ヤフオクリスト]・[楽天市場リスト]

※その他のヤシは[ココ]・・観賞用など色々あります。