ゆで卵のような食感から
[エッグフルーツ]とも呼ばれます!

カニステル - canistel -

カニステルの写真

学名:Pouteria campechiana Baehni
アカテツ科の常緑中木
開花は5月〜7月頃、結実は1月〜4月頃
別名[エッグフルーツ]・[クダモノタマゴ]

原産地など

 カニステルの原産地はフロリダ(アメリカ)からキューバの周辺と言われています。 フロリダ・キューバ・フィリピン・タイ・台湾などで栽培されています。 国内では沖縄では栽培農家が増えているようです。

色や形など

 カニステルの果実は大きさが6cm〜10cmほど栗のように先が尖っているのが特徴。 果皮は熟するにしたがって緑色から黄色そしてオレンジへと変化します。果肉は黄色をしています。 果肉は皮に近いほど粉質で中心に近いほど粘質です。中には2〜3個の種子があります。枝には鋭いトゲがあります。 カニステルは薄い緑色の花を沢山咲かせます。果樹は高さが3m〜10mになります。

味や効能など

 カニステルは追熟が必要です。常温で保存し果皮が柔らかくなってオレンジがかってきたら食べごろです。 カニステルは果汁が少なく糖度が高く味はふかし芋やカボチャなどに例えられる事が多い。 その食感がゆで卵に似ている事から[エッグフルーツ][クダモノタマゴ]との異名もある。 アイスクリームに入れて食べられる事もある。ビタミンやミネラル・カロチンが豊富。

栽培方法など

 カニステルは熱帯果樹の割には耐寒性があり3度位でも越冬できます。 栽培土壌を選ばず生育旺盛です。また病害虫の心配が少ないようです。 自家結実性(1本で実がなる) 成長過程の早い時期に摘芯する事で中心の幹ばかり伸びるのを防げます。 実生の場合は種を蒔いてから4年ほどで結実します。

品種など

キングカニステルなど。形や大きななど多種多様のようです。

カニステルのイメージ画像

[画像協力:はむさん&ティダさん]

【column】

 カニステルは花は花弁が開いたりせず、しかも虫を呼び寄せるような強い芳香もないようです。


 だから着果率は非常に低く1%〜2%ほどと推測されます。その分は沢山の花を咲かせるようです。

カニステル育成チャート

カニステル栽培リンク

カニステルというフルーツ …フルーツ自体の紹介がされていますね。

トロピカルフルーツ成長ノート …食べ方や育て方など記録されてますね。

やんばる暮らし …沖縄やんばるでカニステルが地植えされていますね。

KAMEMODOKIの園芸日記 …苗木からの栽培。花の写真などが充実ですね。

ヤフオク&楽天市場リンク

カニステルのヤフオク出品状況! …【出品量:△】

楽天市場でカニステルを見る …【出品量:△】大苗はやはり高い

※その他の果樹はこちら→[ヤフオクリスト]・[楽天市場リスト]