旅行記タイトル

車・・船・・飛行機。そしてバンコクへ

(いまタイでの初日が落ち着いてネットカフェでひといきです) アジアです。タイです。蝿が似合う町??。ゴキブリが歩道を歩く町です。 まぁーそんな悪いことばかりではないです。底知れるパワーと人の温かさを感じる国ですよ。

今朝は7時に家を出て津市から高速船で40分。セントレアから飛行機で6時間を経て バンコクに到着しました。時差は2時間なので時差ぼけは特にありません。さらに空港から カオサンという安宿街に出てくる(約40分)とほぼ半日の時間を費やしました。 まず高速船・・・とりあえず船首に近いところに座っていたら出発から10分ほどで船酔い・・。 15分すぎたあたりから本格的に酔いはじめました。少しでも気を紛らわせようといろいろ考える。 『マンゴスチンが女王でドリアンが王様なら王子はどんな果物だろう??』とか 『パイナップルの酵素とマンゴーの酵素ならどっちが強いだろう??』とか ・・・くだらない空想です。そうしている間もどんどん酔っていきます。ふと「酔い止め薬」を 持っていることを思い出す。だいたい中間地点で薬を噛み砕き、、なんとか酔いはおさまりました。 いがいに早く効いた♪

次は飛行機です。今回のフライトは離陸も着陸も非常にスムーズで快適でした。 各座席にあるモニターでタイ語の勉強やらができる。数字と挨拶を復習するがすぐに機械が壊れる。 いちど再起動するもまたすぐに動かなくなりあきらめて寝ることに。 それにしてもビジネスクラスはいいですね。搭乗は早くしてくれるし座席はゆったりと広いですし、 スリッパもついてます。同じ6時間でもリラックスした空の旅という感じですね。 ・・・とはいっても僕はエコノミーですけど(^-^;) 窮屈な足を伸ばしのばし、なんとか6時間を耐えました。 (近くのアジアでこれならヨーロッパとかアフリカや南米など辛いだろうなぁ・・・って想像してしまいます) 飛行機でよかったのが着陸前の景色です。 雲が崩れずに積みあがっている様子がまるで「雪国のようです」見ていて飽きません。

さてバンコクの空港に到着。今回で2度目なのでスムーズにエアポートバス乗り場まで来ました。 空港からは目的地別に4つのバスが出ています。AE4が来た思ったらまたAE4が・・。次にAE1がきたと 思ったらすぐにAE1・・・。同じ目的地が続く意味がわかりません??もちろん2台目には誰も乗ってません。 待たされ続けてやっときたAE2でカオサン到着です。 カオサンはバックパッカーの聖地と呼ばれるような安宿が密集しているエリアです。 その気になれば1泊300円の宿っていうのもあります。その宿はそれなりに・・・ですが・・。


バックパッカーの聖地[カオサン]到着

さてカオサンというこの安宿街は2年ぶりです。まずここに来たのは何も『安いから』だけではありません。 日本人が集まるゲストハウスで情報収集をしようと考えたからです。今回はチャクトチャック市場やら チェンマイやら未開の地にいくわかですから、その情報を仕入れようと考えたわけです。

『え〜と。たしかこの奥に(ゲストハウスが)あったはず・・・あれ??ない!』

・・・どうやらつぶれたようです。うーん。他をあまり知らない。しばらく歩いて疲れたので適当に選んだ ゲストハウスにチェックイン。『300B(約1000円)は少し高いかも?? まぁー初日ならいいかな??』とか 考えながら2階に上がる。そうですね。受付の男性がごっつい刺青してようが、窓の鍵が壊れていようが マイペンライ(問題ない)です。そういったことに抵抗がなくなる不思議な街だったりします。

バックパックに鍵がつけてあります。上下のチャックに1つずつ。そしてカバン自体も柱などにチェーンロック をします。あとは取られたらそのときはその時です。それなりにバンコクは安全です。夜中でも出歩けるくらい。 地元の貧しい犯罪者が旅行者を狙うという構図も外国では考えられますが、旅行者が多いと必然的に ターゲットになる確率は減ります。僕の勝手な計算ではありますけどね(^-^;)

ここでみなさんは疑問を持ったかもしれません。『宿の予約はしてないの?』と。 バックパッカーが世界中にいて彼らが泊まるゲストハウスも世界中にあります。そしてほとんどは 予約せずOKです。というより予約している人を僕は知りません。

さてバンコクでの最初の食事はパッタイっていうタイ風やきそばにしました。ひさびさに食べます。 半生??な野菜もシャキシャキしてて気になりません。ナンプラーという魚のソースが効いていて美味です。 あとは暑いのでたくさん飲み物を飲みます。あと今回のミッションであるフルーツ。今日はランブータンを 1キロかいました。これは赤い毛むくじゃらの果物です。僕はランブータンをあまりおいしいとも思わないので、 分解して種子を採取しました。計算したら1粒2円・・・手間を割り引いて考えればですけど安いものです。 種子が36粒。とりあえずゲットです。

【戦利品:ランブータンのタネ36粒】

もっと集めるには何か他の方法を考えなければ・・・。そう思いながらとりあえず撮影をし、重さや大きさ などのデータをメモして終了。わざわざ[キッチンスケール(重さ)]や[ノギス(長さ)]を持って旅をするのは 僕くらいですね。その後は明日の予定を書き出して落ち着きました。

種子を採取という意味ではカシューナッツなんか集めやすそうです。今回はスルーするつもりのプーケットが カシューの産地というのは調べてしっているけど、おいそれと北へ南にいけない。移動だけでお金を体力を すり減らしそう。チェンマイとバンコクの距離でも東京・青森間ほどあるらしい。距離を意識する大切だろうと思う。

さてバンコクのネットカフェでは20Bで50分使えます。20Bっていうと70円くらいかな。 デスクトップみたらスカイプがある。モニターの上にはウェブカメラ、そして本体の上にはヘッドフォン。 パスワード思い出し中です。また気がむいたらログインしてみるかも??携帯電話は留守番しているので 「スカイプで話しようよ!」的なメールもできません。まぁー旅に来てまで電話しなくてもいいかな??

(ネットの残り時間)あと23分・・・あんまり長い日記ってのも何なのであとは情報収集に使います。

明日はチャトチャック市場に苗木の調査に行ってきます!(→EP03へつづく)